メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

点字毎日 図書室 話題の本/点字新刊書

 ◆最初に夜を手ばなした【椿冬華著、墨字】

 ゲームや漫画、映画鑑賞が好きな著者は、先天性の聴覚障害がある。網膜色素変性症も併発しており、徐々に見えなくなっていった半生を自身の絵と文章でつづり、ツイッターに投稿。同じ病気の患者やその家族から多くの反響があり、絵本仕立ての本書の刊行につながった。タイトルは、夜盲症で夜間や薄暗い建物の中での歩行が難しくなった状態を表現。症状が進行する様子と、これからの自分について短いながらもインパクトある言葉で伝える。その内容について、巻頭の言葉を寄せたタレントの黒柳徹子さんは「椿さんの個性をうらやましく思っています」とコメントしている。イラストは、今の視野(トイレットペーパーの芯ぐらい)で完成させたという。この本を通じて、難聴や弱視の世界観への共感、スマホやタブレット、電子書籍などテクノロジーの可能性を伝えたいとの思いも込めた。税別1200円。マガジンハウス(049・275・1811)。点字データは、堺市立健康福祉プラザ視覚・聴覚障害者センターが製作中。

 ◆しゅっぱーつ【きむらゆういち作、エムナマエ絵、墨字】

この記事は有料記事です。

残り1282文字(全文1758文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 犬の散歩中、男性はねられ死亡 運転の大学生「LINE来たのでスマホを」

  2. 出た!大阪・梅田で人骨1500体超 別の場にもウメタ?埋葬想定より遅い江戸~明治

  3. シリーズ・疫病と人間 あまりに悠長だ。政権も野党も国民も ファーストリテイリング会長兼社長・柳井正氏

  4. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か

  5. 「Hey!Say!JUMP」伊野尾さんがコロナ感染 他メンバーは陰性

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです