メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

草津温泉湯畑前、群馬の路線価伸び率最高 10.2%プラス 温泉客増が追い風

青くライトアップされた草津温泉の湯畑=群馬県草津町で2020年4月25日午後10時0分、妹尾直道撮影

 関東信越国税局は1日、2020年分の路線価(1月1日現在)を公表した。群馬県内の最高路線価は高崎市八島町(市道高崎駅・連雀町線)の46万円で、前年比9.5%プラスと4年連続で上昇。伸び率の県内トップは草津町草津(湯畑前)の同10.2%プラスで、草津温泉の入り込み客数増加傾向などが追い風となった。

 路線価は民有地1平方メートルあたりの評価額で、相続税や贈与税の課税の算定基準となる。鑑定を行った不動産鑑定士によると、高崎市八島町の価格上昇は、高崎駅前のペデスト…

この記事は有料記事です。

残り347文字(全文578文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 腹の虫がおさまらない?マメガムシ食べられてもカエルの尻から脱出 神戸大

  2. 療養ホテル、沖縄は1カ月半「ゼロ」 菅氏が批判、知事は「予想より早く感染者増えた」

  3. 療養ホテル確保数「ゼロ」の沖縄に不快感 菅氏「何回となく促した」

  4. ベトナムで感染力強い型のコロナ流行か 首相「拡大防止へ重要な時期」

  5. ORICON NEWS 香取慎吾「こんなにテレビ出れないか」独立から3年のホンネ 草なぎの大河出演にガッツポーズ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです