メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

財政審が会長談話 「コロナ対策で財政は悪化」歳出・歳入改革の徹底求める

財務省=東京都千代田区で、小林祥晃撮影

 財務相の諮問機関、財政制度等審議会(会長・榊原定征前経団連会長)は2日、分科会を開き、会長談話をまとめた。新型コロナウイルス対策に伴う巨額の財政出動と新規国債発行で「一層悪化した財政から目をそらしてはならない」と明記。経済再生と財政健全化の両立に向け、歳出・歳入改革の徹底を求めた。

 例年ならば春と秋に建議(意見書)をまとめるが、今春は新型コロナの影響で会議が十分に開けなかったため会長談話とした。談話では、新型コロナに対応する財政出動について「国民の生命と経済社会を守り、不安を解消していくことが最優先」とした上で「適時かつ的を絞り、一時…

この記事は有料記事です。

残り408文字(全文679文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宇都宮のコンビニで女性刺され重体 店員か

  2. 国は我々の死を待っているのか 「黒い雨」訴訟原告 怒りと落胆

  3. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

  4. 宇都宮のコンビニで45歳刺され死亡 刺した男は自分も刺し負傷

  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです