メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プーチン氏、最長36年まで続投可能に 憲法改正案成立確実 全国投票

 1日、ロシア西シベリアのノボシビルスクの投票所で開票作業をする地元選管の担当者ら(タス=共同)

 ロシア中央選挙管理委員会は2日、プーチン大統領(67)の長期続投を可能にする憲法改正案を巡る全国投票で、賛成77・94%、反対21・25%との暫定結果(開票率99・86%)を発表した。成立は確実となり、2024年に任期が切れるプーチン氏が最長36年まで続投できる道が開かれた。投票率は約65%。

 改正憲法には領土割譲の禁止条項も盛り込…

この記事は有料記事です。

残り106文字(全文274文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岡村隆史さんが結婚 相手は一般の30代女性

  2. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  3. #排除する政治~学術会議問題を考える あそこは左翼の巣窟だけど… 反学術会議派・小林節氏が首相を糾弾する理由

  4. 毎日新聞に「嵐」の二宮さん iPhone広告で全国紙5紙に1人ずつ掲載

  5. 再選択2020~私の見方 東京一極集中は「けったくそ悪い」 漫才師・西川のりおさん 大阪都構想住民投票

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです