メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

香港住民に市民権、改めて表明 ジョンソン首相、英旅券保有者に 国家安全法

ジョンソン英首相

 中国が香港の統制を強化する「香港国家安全維持法」(国安法)を成立させたことを受け、香港の旧宗主国・英国のジョンソン首相は1日、英議会で、同法成立は香港に高度な自治を認めた英中共同宣言への「明白で深刻な違反だ」と批判。「英国海外市民」旅券を保有する香港住民に英市民権を付与する道筋をつける意向を、改めて表明した。

 ジョンソン氏は6月3日付の英紙タイムズに寄稿し、香港返還(1997年)以前に香港に居住していた人に発行してきた英国海外市民旅券の保持者と、同旅券の申請資格を有する人を念頭に、英市民権付与の可能性を開くと明言した。同旅券保持者は約35万人おり、申請資格のある人は約250万人と見積もられる。

この記事は有料記事です。

残り241文字(全文542文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 群馬・高崎にプロレス覆面専門店 東京からコロナ移住「マスク文化根付かせたい」

  2. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  3. ファクトチェック 「野党議員は自宅待機 自民党議員は無症状即入院」ツイートは不正確

  4. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  5. 50代中年ウーバー配達員の奮闘、苦悩 「感謝と複雑な思いと…」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです