メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

英首相が国安法批判「明確で深刻な違反」 香港市民に市民権付与の意向 中国は報復示唆

ジョンソン英首相=AP

 中国が香港の統制を強化する「香港国家安全維持法」(国安法)を成立させたことについて、香港の旧宗主国・英国のジョンソン首相は1日、英議会で、同法成立は香港に高度な自治を認めた英中共同宣言への「明白で深刻な違反だ」と批判した。「英国海外市民」旅券を保有する香港住民に英市民権を付与する道筋をつける意向を、改めて表明した。

 ジョンソン氏は6月3日付の英紙タイムズに寄稿し、香港返還(1997年)以前に香港に居住していた人に発行してきた英国海外市民旅券の保持者と、同旅券の申請資格を有する人を念頭に、英市民権付与の可能性を開くと明言した。同旅券保持者は約35万人おり、申請資格のある人は約250万人と見積もられる。

 英海外市民はこれまで、英国にビザなしで6カ月滞在できるが、労働などの権利はなかった…

この記事は有料記事です。

残り503文字(全文849文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宇都宮のコンビニで女性刺され重体 店員か

  2. 国は我々の死を待っているのか 「黒い雨」訴訟原告 怒りと落胆

  3. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

  4. 宇都宮のコンビニで45歳刺され死亡 刺した男は自分も刺し負傷

  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです