探して!らき☆すたマンホール 合併10年、埼玉・久喜のどこかに設置

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
埼玉県久喜市が設置した「らき☆すた」のデザイン蓋=7月1日午前9時、萩原佳孝撮影
埼玉県久喜市が設置した「らき☆すた」のデザイン蓋=7月1日午前9時、萩原佳孝撮影

 埼玉県久喜市は1日、1市3町による合併10年を記念し、それぞれの地区ゆかりのキャラクターをデザインしたマンホール蓋(ふた)を市内4カ所に設置した。設置場所は公表せず、「探して楽しんでほしい」(市下水道施設課)としている。

 現在の久喜市は旧久喜市と鷲宮・菖蒲・栗橋3町が合併して2010年3月に誕生した。蓋は、鷲宮地区の鷲宮神社が舞台になったアニメ「らき☆すた」…

この記事は有料記事です。

残り273文字(全文454文字)

あわせて読みたい

注目の特集