特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

10万円の給付金 基準日以降に死亡したら支給されないの? 市町村任せで見えた明暗

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
特別定額給付金の申請書の郵送や申請受け付けの開始日は自治体によって違った=東海林智撮影
特別定額給付金の申請書の郵送や申請受け付けの開始日は自治体によって違った=東海林智撮影

 新型コロナウイルス対策として、国が国民1人当たり10万円を給付する「特別定額給付金」。国は給付の対象者を「4月27日(基準日)時点で住民基本台帳に記録されている人」としているのだが、もらえないケースが出ている。基準日には生きていたがそれ以降に死亡した場合について、遺族へ給付するかどうか、可否が分かれている。なんとも不公平な気がするが……。そのワケを探った。【吉田卓矢/統合デジタル取材センター】

【ケース1・単身世帯で死亡し給付されない場合】

 「国が基準日を定めて国民一人一人に給付すると決めたのに、もらえない場合があるのはおかしいのでは」

 こう訴えるのは、福岡市…

この記事は有料記事です。

残り1513文字(全文1796文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

注目の特集