iPS骨格筋細胞 筋ジスマウスに移植し筋力回復、病状改善 京大発表

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
写真はイメージです=ゲッティ
写真はイメージです=ゲッティ

 京都大iPS細胞研究所の桜井英俊准教授(再生医学)らの研究グループは、人間のiPS細胞(人工多能性幹細胞)から作った骨格筋幹細胞を、筋肉が萎縮する難病「デュシェンヌ型筋ジストロフィー(DMD)」のマウスに移植したところ、筋力の回復が確認され、病状が改善したと発表した。3日(日本時間)、米科学誌「ステム・セル・リポーツ」の電子版で発表した。

 DMDは、X染色体内の遺伝子異常で、たんぱく質の一種「ジストロフィン」が形成されず、筋線維が壊れていく進行性の病。研究グループによると、男児だけがかかる病気で、3500人に1人の割合で罹患(りかん)し、国内には約5000人の患者がいると推定されている。

この記事は有料記事です。

残り257文字(全文555文字)

あわせて読みたい

注目の特集