メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外俳優の渡哲也さん死去 78歳 ドラマ「西部警察」 石原プロ前社長

栃木に日本初の「いちご学科」 県農大に21年度新設 51年連続収穫量全国一

いちご学科への入学を募集するポスター。「農業をするなら栃木で」という思いが込められているという=栃木県庁で2020年7月1日午後2時56分、竹田直人撮影

 イチゴ王国・栃木を守る若者募集――。栃木県は2021年度、県農業大学校(宇都宮市上籠谷町)に日本初となる「いちご学科」を開設する。福田富一知事は「イチゴは県の稼ぎ頭。栃木のイチゴを世界に届ける人材を育てたい」と期待している。

 栃木県のイチゴ収穫量は18年度2万4900トンで、51年連続全国1位。栃木の代表品種といえば「とちおとめ」だが、福岡県の「あまおう」や静岡県の「紅ほっぺ」など、各地…

この記事は有料記事です。

残り296文字(全文492文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 1本20万円超の水を勝手に注文、支払い巡り女性を脅した容疑でホスト逮捕

  2. 犬の散歩中、男性はねられ死亡 運転の大学生「LINE来たのでスマホを」

  3. 新型コロナ「後遺症」、世界で報告相次ぐ 感染者の1割で倦怠感など長期化

  4. 東京都、新たに389人の感染確認 5日ぶりに300人超 新型コロナ

  5. 混乱続く国民「分党劇」 背景に代表と幹事長の合流巡る対立 地方は恨み節

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです