メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「失敗」一転「おめでた」? 人工繁殖のライチョウ、ふ化の可能性 富山

抱卵中の母ライチョウ=富山市ファミリーパーク提供

[PR]

 富山市ファミリーパークは2日、人工繁殖事業に取り組む国の特別天然記念物、ニホンライチョウが6月に産んだ卵3個について「ふ化の可能性がある」と発表した。当初は交尾に失敗したとみていたが、一転してふ化への希望が生まれ、飼育員らは喜びに沸いている。

 同パークによると、4歳の母鳥は2016年に乗鞍岳で採取した卵からふ化した雌。翌年から毎年繁殖に成功し、19年は自ら抱卵してふ化させる自然繁殖にも成功した。

 今年は5月末から2歳の雄と交尾を始め、6月13日までに計9個を産卵。抱卵を続けていた。しかし交尾が成功した際に見られる「雌が尾を上げる」現象がなく、いずれもふ化しない無精卵と判断していた。

 ところが同27日、念のため全卵を検査したところ、3個で卵が育っていることが分かった。同パークが10年にニホンライチョウの亜種・スバールバルライチョウの人工繁殖を開始して以来、初の事例という。

 卵は今月4~5日にもふ化する予定。担当者はライチョウの生態について「まだまだ分からないことが多い」と首をかしげている。【青山郁子】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 1本20万円超の水を勝手に注文、支払い巡り女性を脅した容疑でホスト逮捕

  2. JRA栗東トレセンで厩舎3棟燃える 馬4頭取り残され、3人病院搬送 滋賀

  3. 愛知で新たに88人感染 名古屋市は50人

  4. 俳優の渡哲也さん死去 78歳 ドラマ「西部警察」 「くちなしの花」ヒット 石原プロ前社長

  5. 沖縄知事 国にコロナ水際対策強化要望 航空便搭乗前にPCR検査求める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです