メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「努力も見てほしい」「どこまで耐えられるか」…コロナ批判標的「夜の街」歌舞伎町

東京都の新規感染者が107人確認されたことを知らせるニュースが電光掲示板に表示される中、新宿・歌舞伎町を行き来する人たち=東京都新宿区で2020年7月2日午後6時50分、梅村直承撮影

 東京都内における新型コロナウイルスの新規感染者は107人だった。「夜の街」での感染が多く、小池百合子都知事は2日の記者会見で「新宿」などを名指しした上、「(飲食するのは)ぜひ注意してほしい」と強調した。批判の的になりつつある新宿・歌舞伎町の人たちは何を思うのか。

 「また客が減ってしまうかも」。歌舞伎町のホストの男性(24)はつぶやいた。新型コロナの影響で、来店しなくなった客も多い。「売れっ子ならしのげるが、自分は無理。本当に困るんです」

 コロナ対策のため、店内ではストローやマドラーを使い回さず、シャンパンコールも減らした。客の手に触れることも極力やめている。「そういう努力を少しは見てほしいが、今はホスト全体、歌舞伎町全体が駄目と言われる。理解されないことも分かってます」

この記事は有料記事です。

残り695文字(全文1035文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 1本20万円超の水を勝手に注文、支払い巡り女性を脅した容疑でホスト逮捕

  2. 「パンパン」から考える占領下の性暴力と差別 戦後75年、今も変わらぬ社会

  3. 犬の散歩中、男性はねられ死亡 運転の大学生「LINE来たのでスマホを」

  4. 東京都、新たに389人の感染確認 5日ぶりに300人超 新型コロナ

  5. まさかの「車道」でも 沖縄、あまりにも多い「路上寝」 年7000件超、死亡事故も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです