メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

富山で45日ぶり新規感染 県立高の女子生徒 家族にも発熱症状

写真はイメージです=ゲッティ

 富山県は2日夜、県内で45日ぶりに新型コロナウイルス感染者を確認したと発表した。同県の10代女性で、県教委は県立高校の生徒だと明らかにした。同校は2日午後から臨時休校とし、生徒と接触があった教員や生徒、計約50人のPCR検査を順次進める。県内の感染者は228人となった。

 県によると女子生徒には嗅覚異常などがみられるが発熱はなく、現在は感染症指定医療機関に入院している。

 女子生徒は6月20日に大阪府に家族1人と自家用車で日帰りで出かけた後、24日に発熱と嗅覚異常の症状があり学校を欠席した。その後平熱に戻ったため26日に登校。28日には石川県に友人1人と車で日帰りで出かけた。30日に再び嗅覚異常を感じたため、初めて家族が医療機関に相談した。1日に検査を受け、2日に陽性と判明。この間、女子生徒は計5日間登校した。

この記事は有料記事です。

残り292文字(全文651文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜島が噴火 噴煙5000メートル 昨年11月以来 噴石など注意呼びかけ

  2. ORICON NEWS ホリプロ、舞台『アクタージュ』の今後は「改めてご報告」 原作者が逮捕報道で事実確認中

  3. 「予防効果一言も」「しゃべれなくなる」うがい薬発表翌日の吉村知事一問一答

  4. 気分は忍者! オニバスの葉に乗る体験会 滋賀の植物公園

  5. 松尾貴史のちょっと違和感 大阪府知事「うがい薬でコロナ陽性減」 個別商品示す意味あるのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです