メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サワコの朝

「東京五輪の代表権は一度取り消すべき」 走る哲学者・為末大さんの今だからこその提言

「サワコの朝」に登場する為末大さん(右)=MBS提供

[PR]

 7月4日放送の「サワコの朝」(MBS/TBS系全国ネット、午前7時半~8時放送)のゲストは、世界陸上400メートルハードル銅メダリストの為末大さん。 

 22歳の時に挑んだシドニーオリンピックをはじめ、アテネ、北京と3大会連続でオリンピックに出場。世界陸上では、日本人には難しいとされていた短距離種目でメダルを2度も獲得。この時のタイムは日本記録としていまだ破られず、レジェンドとして日本の陸上史に名を残している。

 一方で、走り方を緻密に分析し“走る哲学者”とも呼ばれた為末さんは、引退後は、その頭脳を活かして著書を執筆。YouTubeでは「為末大学」を開設、アスリートに向けた論理的なアドバイスやスポーツ界への提言を日々発信し注目を浴びている。

 そんな為末さんは、小学生のころから走るのが速く、陸上部のヒーローだったそう。中学生になってもそれは変わらず「僕はカール・ルイスになる」と髪型を真似し、100メートル走では中学生チャンピオンとして活躍。「オリンピックに出たい」という気持ちを抱いたのもこのろだったという。その後、得意だった100メートル走から一転、ハードルに転向した為末さんだが、その理由とは。天才ハードラー誕生秘話が明かされる。

 また、行方の見えないコロナ禍での東京五輪対処法を提言。「全く同じ状況は経験していないから、大変な経験をしている今の選手へのアドバイスにもならない」と前置きした上で、「五輪の代表権は一度取り消すべき」など4つにわたる持論を展開。東京五輪はどうなるのか……走る哲学者・為末さんがサワコに語る。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  2. 岩手県で初の死者確認 全国の感染者は13万5430人に 新型コロナ

  3. 「激励」より一歩踏み込む 世代交代にらみ「壁なって」 横審、両横綱に「注意」

  4. ENEOS投打かみ合う 藤井がロングリリーフ 東邦ガスは好守に阻まれ 都市対抗

  5. 東京・渋谷女性傷害致死 事件前日「金あげるからどいて」 容疑者、断られ立腹 殴打の袋に石

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです