メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サワコの朝

「東京五輪の代表権は一度取り消すべき」 走る哲学者・為末大さんの今だからこその提言

「サワコの朝」に登場する為末大さん(右)=MBS提供

[PR]

 7月4日放送の「サワコの朝」(MBS/TBS系全国ネット、午前7時半~8時放送)のゲストは、世界陸上400メートルハードル銅メダリストの為末大さん。 

 22歳の時に挑んだシドニーオリンピックをはじめ、アテネ、北京と3大会連続でオリンピックに出場。世界陸上では、日本人には難しいとされていた短距離種目でメダルを2度も獲得。この時のタイムは日本記録としていまだ破られず、レジェンドとして日本の陸上史に名を残している。

 一方で、走り方を緻密に分析し“走る哲学者”とも呼ばれた為末さんは、引退後は、その頭脳を活かして著書を執筆。YouTubeでは「為末大学」を開設、アスリートに向けた論理的なアドバイスやスポーツ界への提言を日々発信し注目を浴びている。

 そんな為末さんは、小学生のころから走るのが速く、陸上部のヒーローだったそう。中学生になってもそれは変わらず「僕はカール・ルイスになる」と髪型を真似し、100メートル走では中学生チャンピオンとして活躍。「オリンピックに出たい」という気持ちを抱いたのもこのろだったという。その後、得意だった100メートル走から一転、ハードルに転向した為末さんだが、その理由とは。天才ハードラー誕生秘話が明かされる。

 また、行方の見えないコロナ禍での東京五輪対処法を提言。「全く同じ状況は経験していないから、大変な経験をしている今の選手へのアドバイスにもならない」と前置きした上で、「五輪の代表権は一度取り消すべき」など4つにわたる持論を展開。東京五輪はどうなるのか……走る哲学者・為末さんがサワコに語る。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 爆笑問題の田中裕二さん、くも膜下出血・脳梗塞で救急搬送され入院

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  4. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  5. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです