メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「雨傘」主導者、香港離れる 「身の危険深刻」

 2014年の香港大規模民主化デモ「雨傘運動」を主導した羅冠聡氏は2日、ツイッターで香港を離れたと明らかにした。中国による香港国家安全維持法(国安法)施行に関し米議会で証言したことにより「深刻な身の危険にさらされている」と説明、今後は国際社会を舞台に情報発信していく意向を示した。行き先は明かしていない。

 羅氏は、国安法により既に大量の逮捕者が出ているとして「中国政府がわれわれの基本的権利を尊重するという幻想を抱いている香港人はない」と批判。「香港にお別れする。もしもう一度戻れる機会を得たなら、その時は今と変わらぬ信念を持っていたい」と書き込んだ。

この記事は有料記事です。

残り179文字(全文455文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  2. 共通テスト、マスクから鼻出して「失格」 監督者の注意に従わず

  3. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  4. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

  5. コロナ社会を考える コロナ禍にこそ文化芸術は不可欠だ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです