連載

コロナ危機・克服のヒント

新型コロナウイルスの脅威は、さまざまな分野に影響を及ぼしている。この危機をどう克服したらいいのか。各分野の専門家やキーパーソンにインタビューし、ヒントを探る。

連載一覧

コロナ危機・克服のヒント

非正規雇用維持 現場の声不可欠 北海学園大教授・川村雅則氏 /北海道

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
北海学園大教授・川村雅則氏
北海学園大教授・川村雅則氏

 ――新型コロナウイルスの経済への影響で休業や失業が問題になっています。

 ◆総務省の統計で、非正規雇用の従業員数は2020年3月の2150万人から4月には2019万人と131万人減、5月は多少改善しましたが、2045万人で前年同月比52万人減と雇用が急激に減少しました。安易な非正規雇用者の解雇や派遣切りも行われていると推測できます。

 また、休業している労働者は全国で423万人。これも5月は改善していますが、前年の約3倍。経済が容易に回復せず先行きが見通せない中、休業者が失業者に転じる可能性があります。

この記事は有料記事です。

残り1027文字(全文1280文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集