メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

私の宝物

女優・吉行和子さん 唯一の家族写真 旅立った家族を思う

 吉行和子さんの二つ目の宝物は、モノクロの家族写真だ。

 前列右に吉行さん、中央に母、あぐりさん、左に妹の理恵さん、後ろに兄の淳之介さんが写っている。撮影した日付は不明だが、戦災による焼失を免れた唯一の家族写真だという。

 「うちは、戦争でそれまでのアルバムが全部駄目になってしまったんです。だからいま、持っている子ども時代の写真は、ほとんどが親戚の家にあったもので、これも、その1枚だと思います。その中でも、母がいて、兄がいて、妹がいて、というのはこれだけです」

 1997年のNHK連続テレビ小説「あぐり」の主人公としても知られる母あぐりさんは、作家、吉行エイスケさんと23年に結婚。美容院を開店したが、エイスケさんは40年に34歳の若さで病死した。母子4人が写るこの写真は、おそらく吉行さんが7歳前後、42年ごろに撮影されたものだろうか。父を失って間もない一家全員がそろった貴重な記念写真だ。

この記事は有料記事です。

残り486文字(全文882文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 長女はひつぎにうどんを二つ… 原爆小頭症の吉本さん逝く 孤独と痛みに耐えた74年

  2. 毎日新聞には冨岡義勇ら登場 「鬼滅」広告、5紙朝刊に掲載 最終巻発売など記念

  3. コロナで変わる世界 <教育編 インタビュー①>山極寿一氏が恐れる「オンラインで済む」という感覚 「知識だけでなく体験共有を」

  4. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』2日連続で全国5紙ジャック、朝刊に広告「想いは不滅」 主要15キャラの名言&作者メッセージ掲載

  5. 「現場感覚ではもう今が限界」埼玉医大教授のSNS投稿が拡散 コロナ楽観論を懸念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです