メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

現在地で建て替えへ 桐生市庁舎、利便性を重視 /群馬

老朽化が進む桐生市庁舎本館(左)と議事堂=群馬県桐生市織姫町で

 桐生市の荒木恵司市長は1日の市議会全員協議会で、老朽化で耐震強度の不足が指摘されている市庁舎について、現在地(織姫町)での建て替えで整備する方針を示した。

 現在の庁舎は本館と市議会の議事堂が1965年、新館が82年築。災害時に使用する非常用発電装置も地下に設置されており、浸水すれば活用できない可能…

この記事は有料記事です。

残り133文字(全文283文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS BUMP OF CHICKEN・直井由文、不倫報道を謝罪「心よりお詫び申し上げます」[コメント全文]

  2. 案里被告から電話、30万円「あれ、なかったことで」 広島県議証言 東京地裁

  3. ジャパンライフに8000万円投じた女性 「安倍首相らが広告塔なので信用」

  4. 大坂なおみ選手起用「かわいさ」狙った広告に集まった批判 その背景は

  5. 「僕が駅を利用しない方がもうかるのか」 疎外感訴える障害者 無人駅巡りJR九州提訴へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです