メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

市原・メガソーラー 復旧工事スタート 昨秋台風で火災 パネル減らし強風対策 /千葉

消火活動が続けられた山倉ダムの太陽光パネル=千葉県市原市で2019年9月9日、本社ヘリから玉城達郎撮影

 2019年9月の台風15号の影響により火災が発生した「山倉ダム」(市原市山倉)の水上メガソーラー発電所で、1日から復旧工事が始まった。太陽光パネルの使用枚数を減らすなど強風に対する安全性を向上させ、21年8月末までに復旧を完了させる。

 県企業局施設設備課によると、山倉ダムは工業用水専用のダムで、県の使用許可を得て「京セラTCLソーラー合同会社」が18年3月から発電事業を行う。使用料などで同社が県に年間約2518万円を支払…

この記事は有料記事です。

残り320文字(全文533文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  2. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  3. チーター赤ちゃん誕生 4匹元気に成長中 多摩動物公園 /東京

  4. ファクトチェック 「生活保護の最低額は月額29万円」は不正確 実態は世帯ごとに異なる支給額

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです