メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ライチョウ 交尾「失敗」から一転… ふ化の可能性 富山 /富山

抱卵中の母ライチョウ=富山市ファミリーパーク提供

 富山市ファミリーパーク(同市古沢)は2日、人工繁殖事業に取り組む国の特別天然記念物、ニホンライチョウが6月に産んだ卵3個について「ふ化の可能性がある」と発表した。当初は交尾に失敗したとみていたが、一転してふ化への希望が生まれ、飼育員らは喜びに沸いている。

 同パークによると、4歳の母鳥は2016年に乗鞍岳で採取した卵からふ化した雌。翌年から毎年繁殖に成功し、19年は自…

この記事は有料記事です。

残り278文字(全文463文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 天皇陛下、「深い反省の上に立ち」不戦の決意を表明 全国戦没者追悼式

  2. 本当に「倍返し」ある? 銀行員たちに聞いたドラマ「半沢直樹」の虚と実<前>

  3. 「パンパン」から考える占領下の性暴力と差別 戦後75年、今も変わらぬ社会

  4. 天然アユ食べて健康な目に 病気予防の色素豊富 岐阜薬科大グループ発表

  5. 札幌でフードデリバリー競争激化 3社に注文した記者が感じた違い

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです