メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

路線価、28年連続下落 変動率0.5%減 甲府駅前トップ /山梨

 国税庁は1日、2020年の路線価(1月1日現在)を公表した。県内の3255地点の平均変動率は前年比で0・5%下落する一方、下落幅は0・6ポイント縮小した。県全体では28年連続の下落となった。

 路線価は、主要道路に面した1平方メートル当たりの評価額で、相続税や贈与税の算定基準となる。

 東京国税局によると、県内で最も高かったのは甲府税務署管内の甲府市の甲府駅前通りだった。前年比5000円増の27万5000円で5年連続で上昇した。他の3税務…

この記事は有料記事です。

残り332文字(全文552文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「坊主かどうかは関係ないということ証明したい」愛媛・済美が“脱丸刈り”

  2. 残業176時間「ごめん、辛抱できん」 近大職員が自殺 労災認定求め国提訴

  3. 都内でも「うがい薬は売り切れ」の張り紙 一夜にして店頭から消えた 「吉村知事会見」を考える

  4. 大阪で新たに196人感染 過去3番目の多さ 障害者施設でクラスターか

  5. 全国で新たに1356人感染 1日1000人超は2日連続 計4万3465人に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです