メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スッポン赤ちゃん次々誕生 温泉で丈夫に育って 源泉掛け流しの養殖場 高山 /岐阜

ふ化が始まり、連日100匹ほどが誕生しているスッポンの赤ちゃん=岐阜県高山市奥飛驒温泉郷一重ヶ根で

 高山市奥飛驒温泉郷一重ケ根の温泉を利用した養殖場で、体長3センチほどのスッポンの赤ちゃんが次々と誕生している。

 養殖場は、地元の名産品を作ろうと、10年ほど前に「奥飛驒ガーデンホテル焼岳」が敷地内にあった別の業者の養殖場跡を整備した。温泉を利用して年約1万5000匹を飼育し、約1万匹を出荷する。今年は4月下旬に初の産卵を確認し、6月20日に初ふ化した。現在1日に100匹ほど、ピーク時には1日300匹が誕生する。

 飼育池の底は泥ではなく砂を敷き詰め、使用する温泉は「源泉掛け流し」。一般の養殖池より水が汚れにくいなど飼育環境が良いため、病気の発生も少なく餌に抗生物質を混ぜる必要がない。品質の良さから、関東の有名レストランや東京・銀座の有名店にも出荷しているという。

この記事は有料記事です。

残り200文字(全文535文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国で2529人感染確認 東京・愛知で最多 死者新たに31人、計2109人

  2. 転向の高橋「上出来」 充実の初ダンスでRD2位 フィギュアNHK杯

  3. 吉本新喜劇の元座長、船場太郎さん死去 81歳 大阪市議会議長も務め

  4. 桜を見る会前夜祭 2019年分も収支報告なし 安倍氏の政治団体

  5. 視聴室 まさかまさかの2020 大家族石田さんチ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです