メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者と子育て・ときどき花

/5 農家支援策が「花育」に 触れて感じて、園児に笑顔 /愛知

集中、感動、達成感…。いきいきとした表情を見せた園児たち--自作のアレンジを笑顔で手にする園児=愛知県半田市白山町の白山保育園で2020年6月2日午前10時3分、町田結子撮影

 親として、農業者の端くれとして、それは夢のような光景だった。園児たちが瞳をキラキラさせながら、地元産のカーネーションに触れ、遊んでいる。

 6月2日午前。愛知県半田市の市立白山保育園は「花育活動」のまっただ中だった。吸水スポンジに挿してアレンジを作ったり、お花屋さんごっこを始めたり、ちぎった花びらを水に浮かべて触ってみたり。年長さんの教室では担任の保育士さんが、この地域ではたくさんの人たちが花栽培に携わっていることを説明していた。同園で使われた切り花は菊も含めて700本以上。しかもこの花育、市内15もの保育施設で同様に実施された。

 1万本以上を使った大規模な活動は一体、どのように実現したのか。今回はその裏話を紹介したい。

この記事は有料記事です。

残り754文字(全文1068文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 落語家の桂文枝さん 67歳妻と99歳母が死去 今月下旬に相次ぎ

  2. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  3. 皇族に人権はない? 「眞子さまと小室さん」ご婚約内定から見えてきたこととは

  4. 特集ワイド 二階派で活動2年、自民入り目指す細野豪志氏 批判されても私は違う道 安保政策は一致、人間関係には苦慮

  5. 東名あおり運転デマ投稿 強制起訴の被告死亡で公訴棄却へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです