メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

聞いて!

子どもアドボカシーセンターOSAKA 一人の人間として尊重

NPO法人「子どもアドボカシーセンターOSAKA」の奥村仁美さん=大阪府堺市堺区で、柳澤一男撮影

 <地域から>

 障害者施設の子どもたちの話を聞く活動に取り組む「子どもアドボカシーセンターOSAKA」(堺市堺区)が今年3月に設立され、6月にはNPO法人になった。奥村仁美代表(59)は「子どもの声を聴いて、子どもから学ぶ」ことを呼び掛けている。【まとめ・柳澤一男】

 ■権利条約に明記

 「子どもが言うことだから」「子どもは大人の言うことを聞けばいい」などと決めつけていませんか? 子どもも大人と同様、意見を表明する権利があります。1989年に国連で採択され、日本は94年に批准した「子どもの権利条約」にも明記されています。

 日常生活の中でも、自分自身のことを自らの意思に従って行動したいと考えるのは、大人も子どもも一緒です。大人はどうしても子どもより強い存在になりがちです。だからこそ、子どもを同じ一人の人間として尊重することを常に意識しなくてはなりません。

この記事は有料記事です。

残り1263文字(全文1642文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 注目の裁判・話題の会見 社会に出て半年、「これから」だった25歳女性 座間9人殺害 11月10、11日公判詳報

  2. 白石被告、自白の理由は「部屋に証拠が残り観念」 座間9人殺害公判 被告人質問

  3. 注目裁判・話題の会見 名前すら聞かれなかった女子高生 座間9人殺害・11月2日公判詳報

  4. 注目裁判・話題の会見 「保健室の先生に…」夢絶たれた女子高生 座間9人殺害10月28、29日公判詳報

  5. 注目裁判・話題の会見 一人娘残した女性は「さみしそうだった」 座間9人殺害 10月26、27日公判詳報

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです