メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

職員セクハラ訴訟 田原本町争う姿勢 第1回口頭弁論 /奈良

 田原本町の元職員の女性(27)が、在職中に当時の上司からセクシャルハラスメントを受けたのは、町が適切な対応を怠ったためだとして、町に慰謝料など約590万円の支払いを求めた訴訟の第1回口頭弁論が2日、奈良地裁葛城支部(久末裕子裁判官)であった。町は請求の棄却を求め、全面的に争う姿勢を見せた。

 訴状などによると、女性は2014年4月…

この記事は有料記事です。

残り248文字(全文414文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イナズマロックフェス「来年は烏丸半島で」 トリは西川貴教さん 滋賀県庁で熱唱

  2. 切羽詰まった心理につけ込み… トイレ修理のトラブル増加、150万円請求も

  3. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  4. 余録 かつて「長者番付」と呼ばれる高額納税者リストの注目された時代があった…

  5. 中村文則の書斎のつぶやき コロナから逃げる政権

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです