メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

希少、多久の夏の味 「青しまうり漬」販売開始 市長に報告 /佐賀

販売が始まった「青しまうり漬」を手にする横尾市長(中央)と生産者代表の北島さん(右)ら

 多久と小城で栽培されている伝統野菜「青しまうり」を酒かすなどに漬けた「青しまうり漬」の販売が1日から始まった。JAさが野菜うり部の北島一明会長らが多久市役所を訪れ、横尾俊彦市長に販売開始を報告した。

 「青しまうり」は皮が厚く、しっかりとした歯ごたえがあるのが特徴。うり漬けは酒かすと砂糖、塩のシンプルな味付けとなっている。多久の伝統食、夏の家庭の味として人気があるが、「青しまうり」契約農家は多久…

この記事は有料記事です。

残り300文字(全文499文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宇都宮のコンビニで女性刺され重体 店員か

  2. 国は我々の死を待っているのか 「黒い雨」訴訟原告 怒りと落胆

  3. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

  4. 宇都宮のコンビニで45歳刺され死亡 刺した男は自分も刺し負傷

  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです