メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

余録

ロシア最東端の少数民族の居住地に…

[PR]

 ロシア最東端の少数民族の居住地にモスクワから援助物資の肉の缶詰がラジオやテレビ、新聞・雑誌と一緒に届いた。ラジオをつけるとプーチンが話していた。テレビをつけるとプーチンの姿が映っていた▲新聞と雑誌にはどのページにもプーチンの写真がある。住民は恐ろしくなり、缶詰を決して開けようとはしなかった――アネクドート(風刺小話)ゆえに敬称は略させてもらったが、8年前のロシア大統領選当時はやった笑話という▲今回はモスクワで投票した人に抽選で約6000円相当の商品券があたる特典もあった。高い得票率をめざし、政権も力ずくの集票活動を繰り広げた憲法改正をめぐる全ロシア投票である。暫定結果によれば8割近くが賛成となった▲この改憲で2024年に4期目の任期が切れるプーチン大統領の5選が可能になり、最長36年まで大統領にとどまれることになる。00年の大統領就任から首相をはさんですでに20年間ロシア最高権力者として君臨している同氏である▲プーチン人形を開けると中にはまたプーチン人形、それが次から次へと出てくるマトリョーシカ(入れ子人形)のような21世紀ロシア政治である。だが、当の政権はコロナ禍などで、むしろ求心力にかげりを見せているともいわれる▲領土割譲禁止などの愛国主義や保守的な価値観も目立つ200項余の改憲である。どこを開いても浮かび上がるプーチン氏の声や顔が、ますますロシアを軍事と石油に依存する文明に閉じこもらせるのが怖い。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 渡辺が初の名人位奪取 4勝2敗で豊島降す 現役最多の3冠に

  2. 天然アユ食べて健康な目に 病気予防の色素豊富 岐阜薬科大グループ発表

  3. 本当に「倍返し」ある? 銀行員たちに聞いたドラマ「半沢直樹」の虚と実<前>

  4. 「パンパン」から考える占領下の性暴力と差別 戦後75年、今も変わらぬ社会

  5. 「逮捕は時間の問題」「抗議運動、続けていく自信はある」香港の民主活動家・黄之鋒氏 覚悟を語る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです