メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

金言

ライバルからの便り=小倉孝保

 <kin-gon>

 米国の正副大統領が、異なる政党から出たことが1度ある。1797年からの4年間、第2代大統領は連邦党のジョン・アダムズ、それを支える副大統領は民主共和党のトーマス・ジェファーソンだった。当時は選挙人投票で最多得票者が大統領、次点が副大統領になったためである。

 2人は共に弁護士出身で独立宣言の起草メンバー。北部マサチューセッツ出身のアダムズは短気で怒りっぽく、奴隷制度に反対。対英関係を重視し駐英公使を務めた。一方、南部バージニア生まれのジェファーソンは博学で上品だった。多数の奴隷を所有しながら日に3時間、バイオリンを奏でた。フランスとの関係が深く駐仏公使を経験している。

 中央政府の権限強化を説くアダムズに対し、各州に権限を残すべきだと考えるジェファーソン。性格や政治姿勢の違う2人が正副大統領である。うまくいくはずがない。対立は深まり、1800年の大統領選で2人は再び相まみえる。個人攻撃や相手の評判を落とそうとする虚偽情報が飛び交い、「汚い選挙」の源流となる。結果はジェファーソンが勝ち、アダムズはライバルの就任式を欠席した。

この記事は有料記事です。

残り552文字(全文1029文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪で新たに151人コロナ感染 重症者は70人で過去最多

  2. 「逮捕は時間の問題」「抗議運動、続けていく自信はある」香港の民主活動家・黄之鋒氏 覚悟を語る

  3. 渡辺が初の名人位奪取 4勝2敗で豊島降す 現役最多の3冠に

  4. 「パンパン」から考える占領下の性暴力と差別 戦後75年、今も変わらぬ社会

  5. 天然アユ食べて健康な目に 病気予防の色素豊富 岐阜薬科大グループ発表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです