メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

いまなぜマイナンバー

 新型コロナウイルスに伴う10万円の給付をめぐる混乱を受けて、政府はマイナンバーカードの普及促進を加速させる方針を打ち出した。預貯金口座情報との連結義務化、運転免許証との一体化などの案が観測気球のように上がる。一方でプライバシー権の侵害を懸念する声もある。いま、なぜマイナンバーなのか。議論の核心を問う。

 新型コロナウイルス感染拡大で経済活動が急激に縮小し、国民生活が危機に追い込まれた。緊急事態に陥った際、行政は多様な対策を迅速に行わなければならない。新技術やインターネットを活用した電子化が重要で、基盤となるインフラがマイナンバー制度だ。

この記事は有料記事です。

残り4203文字(全文4474文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

  2. 菅官房長官、アベノマスクしないのは「暑そうで」 ネット番組で

  3. 「うがい薬発言で現場混乱」 大阪府歯科保険医協会が吉村知事に抗議

  4. シリーズ・疫病と人間 あまりに悠長だ。政権も野党も国民も ファーストリテイリング会長兼社長・柳井正氏

  5. インド南部で旅客機着陸失敗、17人死亡 滑走路で停止できず斜面落下

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです