特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

コロナ対策、停戦決議 安保理、採択に3カ月

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 国連安全保障理事会は1日、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)対策のために紛争地での90日間の停戦を求める決議案を全会一致で採択した。決議は、3月のグテレス事務総長による即時停戦の呼びかけを後押しするもの。だが、世界保健機関(WHO)や情報開示の透明性に言及するかで米中が激しく対立。採択に3カ月以上もかかり、安保理の機能不全が浮き彫りになった。

 常任理事国のフランスと非常任理事国のチュニジアが決議案をとりまとめた。紛争地の人道状況がパンデミックで「悪化する可能性がある」と指摘。現地に支援を安全に届けるために「すべての紛争当事者による、少なくとも90日間の継続的な戦闘停止」をすぐに始めるよう求めている。過激派組織「イスラム国」(IS)などのテロ組織に対する軍事作戦は停戦の対象外にした。

この記事は有料記事です。

残り167文字(全文520文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集