メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

守りたい、独裁者阻む土壌=インターネットイニシアティブ会長・鈴木幸一

 中国の習近平国家主席がダボス会議で基調講演をしたのは2017年1月である。超経済大国を率いる習氏の姿は洗練され、多くの出席者を安心させるものだったと記憶する。香港国家安全維持法を強引に通した現在の習氏とは違っていたはずだが、覇権に対する中国の強い意志を出席者の多くは感じ取っていなかったのである。

 独裁が許される国家において、強い権力を握る指導者は、その統治期間をどこまでも長くする。統治期間が憲法で限られているのなら、ロシアのプーチン大統領のように改憲すればいいし、習氏なら全国人民代表大会でルールを変えられる。民主主義というのは、すべての決め事に時間を要するやっか…

この記事は有料記事です。

残り429文字(全文714文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  2. 「なぜ?なぜ?なぜ娘だったのか」 福岡・商業施設女性刺殺、被害者の母

  3. 「1日で49人の相手を…」 過酷な労働、波乱の人生赤裸々に 「からゆきさん」肉声テープ発見

  4. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

  5. マスク拒否し緊急着陸させた大学職員逮捕 威力業務妨害などの疑い 大阪府警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです