メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

LookWESTけいざい

再エネ、自給自足 仮想発電所、実用化へ実験

スーパーの屋上に設置された太陽光パネルとカノーの嘉納英蔵社長。関電がVPPの実証実験で使用する=大阪市生野区で、杉山雄飛撮影

 <週刊金曜経済 Kin-yo Keizai>

 太陽光発電などの再生可能エネルギー(再エネ)の普及が急がれる中、「仮想発電所」(バーチャルパワープラント、VPP)と呼ばれる仕組みが注目されている。工場や店舗、家庭に設けた太陽光パネルなどと蓄電池を組み合わせて、電力の需給を調整する小さな発電所のようなもので、再エネの普及を促す役割が期待されている。一方、災害に備え、自ら電力を調達しようとする自治体もある。未来の電力の形を模索する現場の動きを追った。

 大阪市にあるスーパー「食品館アプロ生野小路店」の広さ6000平方メートル超の屋根には、黒色の太陽光パネルがびっしりと敷き詰められている。関西電力がスーパーの運営会社「カノー」(大阪市)と共同で7月からVPPの実証実験をするために設置した。接続された2台の蓄電池には、太陽光パネルでつくった電気が蓄えられる。

この記事は有料記事です。

残り2209文字(全文2588文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 鼻出しマスクの受験生を逮捕 不退去の疑い 警視庁深川署

  3. テレ東・大江麻理子キャスターらマスク着用 「緊急事態宣言受け決断」

  4. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  5. 声なき声を捕捉せよ コロナと連動する菅内閣支持率

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです