夏のボーナス「減った」3割 下落幅は男女差拡大 平均額は約55.4万円

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 日本生命保険が3日発表した夏のボーナスに関する調査によると、昨年と比べて支給額が「減った」と答えた人の割合は30・1%で、前年の14・3%を上回った。平均額は約5万6千円減の約55万4千円。新型コロナウイルスによる企業の業績悪化を反映した結果となった。男性が約4万2千円減の約65万5千円だったのに…

この記事は有料記事です。

残り125文字(全文275文字)

あわせて読みたい

注目の特集