メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

非効率石炭削減方針も代替電源は未定 原発の延長判断にも影響か

二酸化炭素の排出量が多く、国が削減方針を示した非効率な石炭火力発電所に当たるとみられる九州電力の松浦発電所1号機(左)、右は昨年稼働した同2号機=長崎県松浦市で2019年12月、高橋慶浩撮影

 政府が二酸化炭素(CO2)排出量の多い非効率な石炭火力発電所を2030年度までに休廃止する方針を表明した。九州電力では稼働中5基のうち、少なくとも2基(出力計140万キロワット)が該当する。他の電源で補う必要があり、24年7月に40年の運転期限を迎える川内原発1号機(鹿児島県、出力約90万キロワット)の延長判断にも影響を与えそうだ。

 政府は今後、休廃止の仕組みなどを新設する有識者会議で検討するが、梶山弘志経済産業相は3日の記者会見で、休廃止が必要な石炭火力について、超臨界圧と呼ばれる技術を使った「SCクラス」と述べた。これに照らすと、松浦発電所1号機(長崎県、出力70万キロワット)と苓北発電所1号機(熊本県、出力70万キロワット)が該当する。休廃止となれば、計140万キロワット分を既存設備か新たな電源で補う必要が出てくる。

この記事は有料記事です。

残り572文字(全文939文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女子高生をワイヤで拘束、監禁 容疑で会社経営者を逮捕 埼玉県警

  2. 残業176時間「ごめん、辛抱できん」 近大職員が自殺 労災認定求め国提訴

  3. 都内でも「うがい薬は売り切れ」の張り紙 一夜にして店頭から消えた 「吉村知事会見」を考える

  4. 香港民主派リーダー周庭氏に有罪 「日本、世界の皆さんも注目してほしい」

  5. レバノン首都爆発、30万人帰宅できず 死者137人、負傷者5000人超に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです