メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高額USBトラブル 学生ら14人が販売5社を集団提訴 さいたま地裁

投資用USBを手に提訴を説明する長田淳弁護団長(左)ら=さいたま市浦和区の埼玉弁護士会館で2020年7月2日午後0時12分、平本絢子撮影

 違法な勧誘で不当に高額な投資用USBソフトを購入させられたとして、東京、埼玉、千葉の大学生ら14人が2日、東京都内の販売会社5社と役員ら22人を相手取り、計775万円の損害賠償を求める集団訴訟をさいたま地裁に起こした。

 提訴を発表した若者投資・マルチ商法被害対策弁護団(長田淳弁護団長)によると、原告は20代前半の男性14人。訴状によると、2015~19年、知人の紹介で会社の担当者に勧誘を受けた後、消費者金融などで借金する…

この記事は有料記事です。

残り320文字(全文533文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 発症10日後には職場復帰できるはずなのに…「万一のため」自宅待機のなぜ

  3. 落語家の桂文枝さん 67歳妻と99歳母が死去 今月下旬に相次ぎ

  4. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  5. ORICON NEWS 山口百恵“伝説の引退コンサート”1度限りの再放送決定 若い世代も感動

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです