メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「今年は富士登山やめて」 静岡県警、夏の常駐警備中止 コロナで登山道封鎖

須走ルートの5合目に設置された富士山須走口臨時警備派出所=静岡県小山町須走で2017年7月、垂水友里香撮影

 新型コロナウイルスの影響で静岡県内の全登山道が閉鎖されている富士山について、県警は2013年から続ける9合目の常駐警備を初めて中止し、5合目の「臨時警備派出所」も開設しない方針を決めた。県警地域課は「体制が整わず、迅速な救助が困難。今年の登山はやめてほしい」と呼びかけている。【古川幸奈】

 県警は例年、地域課と裾野、御殿場、富士宮の3署の28人で山岳遭難救助隊を編成。静岡県側で最も登山者の多い富士宮口9合目の山小屋「万年雪山荘」に2~5人が常駐し、巡回や遭難者などの救助にあたっている。また、富士宮口と須走口の…

この記事は有料記事です。

残り386文字(全文643文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 腹の虫がおさまらない?マメガムシ食べられてもカエルの尻から脱出 神戸大

  2. 療養ホテル、沖縄は1カ月半「ゼロ」 菅氏が批判、知事は「予想より早く感染者増えた」

  3. 療養ホテル確保数「ゼロ」の沖縄に不快感 菅氏「何回となく促した」

  4. ベトナムで感染力強い型のコロナ流行か 首相「拡大防止へ重要な時期」

  5. ORICON NEWS 香取慎吾「こんなにテレビ出れないか」独立から3年のホンネ 草なぎの大河出演にガッツポーズ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです