メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「感染者差別、繰り返さないで」 元ハンセン病患者が証言集 社会との断絶切々と

看護学生を対象にした研修会で話すハンセン病元患者の語り部=ハンセン病回復者支援センター提供

 関西に住むハンセン病の元患者らの証言集「いのちの輝き ハンセン病療養所退所者の体験記」が完成した。国の誤った隔離政策の犠牲になり、根強い差別や偏見にさらされてきた元患者の思いが刻まれている。関係者は「新型コロナウイルスで感染者らを中傷するなど、恐怖心から衝動的に行動して起きる問題は、今後も起こりうる。元患者の実体験に学び、踏みとどまれるような人権感覚を育んでほしい」と話す。

 元患者が手記にしたり、元患者をサポートするハンセン病回復者支援センター(大阪市中央区)の職員らが聞き取ったりした関西在住・出身の20人の体験を一冊にまとめた。

この記事は有料記事です。

残り1375文字(全文1644文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女子高生をワイヤで拘束、監禁 容疑で会社経営者を逮捕 埼玉県警

  2. レバノン首都爆発、30万人帰宅できず 死者137人、負傷者5000人超に

  3. 残業176時間「ごめん、辛抱できん」 近大職員が自殺 労災認定求め国提訴

  4. 首相、お盆帰省「注意を」 緊急事態宣言「状況にない」 広島で会見

  5. 中村文則の書斎のつぶやき コロナから逃げる政権

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです