メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

マダニ感染症で京都府内の80代男性意識不明 府内で今年初

マダニ=国立感染症研究所ホームページより

 京都府は2日夜、丹後保健所管内(京丹後、宮津、与謝野、伊根)の80代の男性が、マダニにかまれると感染する重症熱性血小板減少症候群(SFTS)を発症したと発表した。6月24日に発熱し、同28日に受診。意識不明という。2020年のSFTS感染は府内初。17年と18年に宮津市と舞鶴市で計3人の感染者が出…

この記事は有料記事です。

残り112文字(全文262文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 1本20万円超の水を勝手に注文、支払い巡り女性を脅した容疑でホスト逮捕

  2. 犬の散歩中、男性はねられ死亡 運転の大学生「LINE来たのでスマホを」

  3. 新型コロナ「後遺症」、世界で報告相次ぐ 感染者の1割で倦怠感など長期化

  4. 東京都、新たに389人の感染確認 5日ぶりに300人超 新型コロナ

  5. 混乱続く国民「分党劇」 背景に代表と幹事長の合流巡る対立 地方は恨み節

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです