マダニ感染症で京都府内の80代男性意識不明 府内で今年初

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
マダニ=国立感染症研究所ホームページより
マダニ=国立感染症研究所ホームページより

 京都府は2日夜、丹後保健所管内(京丹後、宮津、与謝野、伊根)の80代の男性が、マダニにかまれると感染する重症熱性血小板減少症候群(SFTS)を発症したと発表した。6月24日に発熱し、同28日に受診。意識不明という。2020年のSFTS感染は府内初。17年と18年に宮津市と舞鶴市で計3人の感染者が出…

この記事は有料記事です。

残り112文字(全文262文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集