メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪・富田林署逃走の樋田被告に懲役17年の実刑判決 加重逃走罪など地裁堺支部

樋田淳也被告

 大阪府警富田林署から逃げ、各地で盗みを繰り返したとして、加重逃走や窃盗などの罪に問われた樋田淳也被告(32)に対し、大阪地裁堺支部は3日、懲役17年(求刑・懲役18年)の実刑判決を言い渡した。安永武央裁判長は「警察署の設備を壊して逃走し、約1カ月半にわたって逃亡生活を続けたことで社会に不安を与えた」と指摘した。

 樋田被告は、逃走前の事件を含め、計21件で起訴された。堺支部はこのうち18件を裁判官だけで審理し、5月に逃走を含む17件を有罪と判断。強盗致傷罪など3件は裁判員裁判で審理し、この日は全体の量刑を含めた判決を出した。弁護側は控訴を検討する。

この記事は有料記事です。

残り472文字(全文749文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宇都宮のコンビニで女性刺され重体 店員か

  2. 国は我々の死を待っているのか 「黒い雨」訴訟原告 怒りと落胆

  3. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

  4. 宇都宮のコンビニで45歳刺され死亡 刺した男は自分も刺し負傷

  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです