メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

知事会など首長3団体「少人数学級、早期導入を」文科相へ要望 コロナ感染防止で

萩生田光一文部科学相=川田雅浩撮影

 現行の小中学校の40人学級では新型コロナウイルスの感染防止は困難だとして、全国知事会、全国市長会、全国町村会の3団体は3日、萩生田光一文部科学相に対し、公立小中学校で少人数学級を早急に導入するよう求める緊急提言書を連名で提出した。面会は冒頭を除き非公開だったが、3団体の出席者によると、萩生田氏は「しっかりと取り組んでいく」と前向きな姿勢を示したという。

 提言書は「公立小中学校の普通教室の平均面積は64平方メートルで、現在の40人学級では感染症予防のための十分な距離を確保することが困難」と指摘。「感染症の再拡大時でも必要な教育活動を継続するには、少人数学級がぜひとも必要」として、教員の確保などの環境整備を求めた。

この記事は有料記事です。

残り164文字(全文474文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宇都宮のコンビニで女性刺され重体 店員か

  2. 国は我々の死を待っているのか 「黒い雨」訴訟原告 怒りと落胆

  3. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

  4. 宇都宮のコンビニで45歳刺され死亡 刺した男は自分も刺し負傷

  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです