メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

水陸両用車、世界初の自動運航実験 群馬・八ッ場ダム 事故減少狙う

ダム湖から上陸する水陸両用バス=群馬県長野原町川原湯で2020年7月3日午後2時31分、菊池陽南子撮影

 群馬県長野原町などは3日、八ッ場ダム(同町)のダム湖で、水陸両用バスの自動運航に関する実証実験を世界で初めて実施すると発表した。日本財団の支援で2021年度末までに行われる無人運航船の実証実験の一つ。財団は25年までの実用化を目指しており、無人運航船が実現すれば船員不足の解消のほか、人為的ミスが原因の8割とされる海難事故の減少につながると期待される。

 車の自動運転に関する実証実験は各地で行われているが、水上は陸上に比べて揺れが大きいためセンサーによる障害物の認識が難しく、船舶の自動運転の実用化には課題が多い。今回の実証実験は22年2~3月、長野原町▽埼玉工業大▽IT企業「ITbookホールディングス」(東京都)――など五つの企業・団体で組織するコンソーシアム(共同事業体)で実施。日本財団が安全性の検証をする予定だ。

この記事は有料記事です。

残り216文字(全文579文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女子高生をワイヤで拘束、監禁 容疑で会社経営者を逮捕 埼玉県警

  2. 残業176時間「ごめん、辛抱できん」 近大職員が自殺 労災認定求め国提訴

  3. レバノン首都爆発、30万人帰宅できず 死者137人、負傷者5000人超に

  4. 喜界島沖にアオサンゴ大群生 6217平方m「琉球列島で最北端」 NPO確認

  5. 都内でも「うがい薬は売り切れ」の張り紙 一夜にして店頭から消えた 「吉村知事会見」を考える

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです