メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

都内で新たに124人感染 2日連続100人超 20、30代が8割 経路不明は3割

多くの人が行き交う池袋の繁華街=東京都豊島区で2020年7月3日午後6時36分、吉田航太撮影

 東京都は3日、都内で新型コロナウイルスの感染者が新たに124人確認されたと発表した。都内で感染者が100人を超えるのは2日連続で、緊急事態宣言解除後の最多を更新した。小池百合子知事は同日の定例記者会見で、事業者への休業要請について「国の緊急事態宣言が行われた場合は専門家の意見を踏まえた上での判断が必要になる」と述べ、国の動きを見ながら検討する考えを示した。

 都によると、ホストクラブやキャバクラといった接待を伴う飲食店の従業員や客など「夜の街」に関連する感染者は58人で、全体の半数近くを占めた。このうち歓楽街・歌舞伎町がある新宿エリアでの感染とみられているのが48人、池袋エリアは3人。両地域での感染者が目立っている。新宿エリアでは、新宿区の実施するホストクラブの集団検査で6人の感染が判明した他、ホストらが店の呼び掛けなどで検査を受けて31人の陽性が確…

この記事は有料記事です。

残り527文字(全文907文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 民主活動家・周庭氏保釈される 黄之鋒氏らが出迎え 香港警察が10日に逮捕

  2. これからどんどんつらくなるかも…頑張らないと 保釈の周庭氏 日本人に感謝も

  3. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

  4. 家族で登山中に行方不明の小6男児を無事発見 新潟・上越

  5. 国民・玉木氏 分党まで持ち出しこだわったものとは 混乱残り前途多難

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです