メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

九州北部豪雨汚職 福岡・朝倉市係長を収賄で起訴

贈収賄事件の舞台となった災害復旧工事の現場。6月中旬も重機による作業が続いていた=福岡県朝倉市黒川で2020年6月15日午後1時1分、中里顕撮影

 2017年7月の九州北部豪雨で被災した福岡県朝倉市が随意契約で発注した災害復旧工事を巡る汚職事件で、福岡地検は3日、市都市計画課建築係長、鎌田好輝容疑者(49)を収賄罪で、工事を下請けした防水工事会社「九州防水」(同県久留米市)の元役員、山口慎二容疑者(49)を贈賄罪でそれぞれ起訴した。

 起訴状などによると、鎌田被告は、豪雨による山林崩壊で朝…

この記事は有料記事です。

残り261文字(全文434文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 残業176時間「ごめん、辛抱できん」 近大職員が自殺 労災認定求め国提訴

  2. 都内でも「うがい薬は売り切れ」の張り紙 一夜にして店頭から消えた 「吉村知事会見」を考える

  3. 福岡県「飲み会は2時間以内」「2次会控えて」 コロナ警報を発動

  4. 感染爆発は「病床の半分以上占有」 コロナ分科会、流行判断指標案に6項目

  5. 大阪で新たに196人感染 過去3番目の多さ 障害者施設でクラスターか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです