メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西之島、噴煙4700メートル 観測史上の最高高度に

 火山活動が続き噴煙を上げる西之島=6月29日(海上保安庁提供)

 気象庁は3日、噴火が続く東京・小笠原諸島の西之島を気象衛星ひまわり8号で観測した結果、噴煙が4700メートルまで噴出していることを確認したと発表した。火山活動が活発化した2013年以降で最も高いという。

 火口周辺警報(入山危険)を継続し、山頂火口から2・5キロ圏で飛散する大きな噴石、溶岩流に警戒を…

この記事は有料記事です。

残り100文字(全文250文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 民主活動家・周庭氏保釈される 黄之鋒氏らが出迎え 香港警察が10日に逮捕

  2. これからどんどんつらくなるかも…頑張らないと 保釈の周庭氏 日本人に感謝も

  3. 家族で登山中に行方不明の小6男児を無事発見 新潟・上越

  4. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

  5. 国民・玉木氏 分党まで持ち出しこだわったものとは 混乱残り前途多難

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです