連載

#最後の1年

新型コロナに揺れる学生スポーツ界。最高学年の選手は無念や戸惑いを抱きながら「最後の1年」を過ごしています。

連載一覧

#最後の1年

日大アメフト部司令塔 出場停止に続く3度目の試練 「不死鳥」再浮上へ疾走

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
関西学院大との毎日甲子園ボウル第1クオーターでタッチダウンパスを決める日大QBの林大希(中央)=阪神甲子園球場で2017年12月17日、望月亮一撮影
関西学院大との毎日甲子園ボウル第1クオーターでタッチダウンパスを決める日大QBの林大希(中央)=阪神甲子園球場で2017年12月17日、望月亮一撮影

 新型コロナウイルスは自身3度目の大きな壁となる。だが試練を乗り越える度に、その歩みは輝きを増してきた。「フェニックス」(不死鳥)を愛称に持つ日大アメリカンフットボール部4年の司令塔、林大希(たいき、21歳)は「逆境に燃える男」だ。

 新型コロナ感染拡大に伴う活動自粛が解け、少人数ごとに分かれての練習が再開された6月上旬、大学グラウンドのある東京都世田谷区で取材に応じた林が格言めいたことを口にした。「人生は振り子と一緒だと思う。上げ幅が大きければ、下げ幅も大きい。逆に今ほどどん底を知れば、次の上げ幅は大きいと思っている」。それは自らの歩みの中で確信を深めてきた人生訓ともいえる。だから新型コロナの感染が広がっても前向きに次に備えてきた。白いマスクで一層際立つ真っ黒に日焼けした額が、自粛期間中に重ねたトレーニングの量を物語る。174センチ、78キロの肉体は細身に映るが、洋服の奥には割れた強じんな腹筋が潜んでいた。

部員12人の弱小高から大学日本一へ

 大阪市で生まれ育った林は大学時代にアメフト選手だった父義宜(よしのぶ)さん(50)の勧めで、小学生になると競技を始めた。強肩と俊足を武器に、高校日本一を決める「クリスマスボウル」で優勝3度の強豪・関大一高(大阪)にスポーツ推薦で入学。ハードな練習に没頭し、二の次としていた授業にはついて行けなくなった。進級できず、2年から編入できる学校への転校を決めた。突き当たった1度目の壁だった。

 しばらくはふさぎ込んだ。だが母早苗さん(49)は林を責めなかった。「自分が価値が…

この記事は有料記事です。

残り2282文字(全文2942文字)

あわせて読みたい

注目の特集