メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

情熱大陸

東京フィルハーモニー交響楽団 この響きを絶やしてなるものか--コロナ禍での再出発

「情熱大陸」に登場する東京フィルハーモニー交響楽団=MBS提供

[PR]

 新型コロナウイルスが猛威をふるい、多くのエンターテインメント産業が窮地に陥っている。特に音楽業界では、バンドなどのライブの公演中止が相次いだが、影響を受けたのはライブハウスだけではない。クラシックのコンサートホールもまた、空間は大きいが、演奏者も観客も隣の人との距離が近い「密空間」となり、同様に苦境に立たされていた。

 緊急事態宣言が解除され、世の中の活動が戻り始める中、大規模ステージに観客を呼んでの公演再開に踏み切った日本の老舗オーケストラ・東京フィルハーモニー交響楽団がドキュメンタリー番組「情熱大陸」(MBS製作著作/TBS系全国ネット、7月5日午後11時~)に登場する。

 その道のりは決して平たんでは無かった。コンサートの開催にあたり、歌唱こそないものの、演奏者同士の距離が近いことが大きなハードルの1つとなり、当然ながら観客同士の距離の問題もある。

 様々な分野での休業要請が緩和され、プロスポーツの観戦などは無観客で対応するなか、なぜクラシック音楽のプロたちは、あえて先陣を切ってホールに観客を呼ぶコンサート再開を決めたのか。その対処法とともに、演奏者たち個々がどのように約3カ月ぶりの本番に臨むのか、団員それぞれの複雑な心中を群像劇で描き出し、本番までをドキュメントする。

<プロフィル>東京フィルハーモニー交響楽団 日本で最も長い歴史をもつオーケストラで、1911年創立。通称「東京フィル」。世界的指揮者を“名誉音楽監督”に、演奏会は独自のプログラムを企画。海外公演にも積極的で、国内外で高い評価を得る。世界の名だたるコンサートホールで演奏会を行うほか、オペラ・バレエの演奏、テレビ・ラジオでの演奏、また学校や企業、地域での演奏など、年間実に400を超える演奏を行なっている。2020年7月現在、日本最多の楽団員、約140名から成る。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国で新たに1228人の感染確認 北海道は1週間連続200人以上 新型コロナ

  2. ORICON NEWS のん、THE BLUE HEATSの名曲「キスしてほしい」をカバー、新WEB動画で"むずがゆい恋"を表現

  3. 「ホテルの明細書あれば1000万%アウト」 桜前夜祭の野党ヒアリング詳報

  4. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  5. 要請応じない/もう諦めるしか 大阪「時短」、反発や落胆 忘年会シーズン直撃 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです