メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

楽庫・歌謡ラボ

福田こうへい「筑波の寛太郎」

 <楽庫(らっこ)>

 「股旅演歌」という言葉から、思い出すのは、ほとんどの人は、氷川きよしの「箱根八里の半次郎」「大井追っかけ音次郎」であろう。21世紀において道中がっぱに三度がさ姿は、コスプレ以外の何ものでもなかった。その意外性がもたらすインパクトは、氷川がスターになった一つの要因に違いない。

 浪曲や村芝居、大衆演劇を背景とする股旅演歌…

この記事は有料記事です。

残り257文字(全文427文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 吉沢悠が新型コロナ感染で入院 「咳、背中の痛み…」PCR再検査で「陽性」確認

  2. 菅官房長官、アベノマスクしないのは「暑そうで」 ネット番組で

  3. 「うがい薬発言で現場混乱」 大阪府歯科保険医協会が吉村知事に抗議

  4. 朝鮮人追悼式 小池都知事、今年も追悼文を出さない意向

  5. 中村文則の書斎のつぶやき コロナから逃げる政権

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです