メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

週刊テレビ評

「探偵・由利麟太郎」 太秦の技「オール関西」の底力=ペリー荻野

 吉川晃司の地上波連続ドラマ初主演作、フジテレビ系「探偵・由利麟太郎」(火曜午後9時、全5話で7日で第4話)。横溝正史原作ドラマらしく、第1話から血みどろの髑髏(どくろ)が出てきたり、第2話でチェーンソーを振り回す真っ黒な怪人が出てきたりと、怪奇ムード満点。横溝先生にかかれば、きれいな花柄ハイヒールも「殺しのピンヒール」(第3話)として人々を恐怖のどん底に陥れるのである。

 そんな事件に向き合う由利(吉川)は個性的だ。警視庁捜査1課にその人アリと知られた由利は、現在は犯罪心理学者として活動中。彼を「先生」と慕う推理作家志望の助手・三津木俊助(志尊淳)とともに、大学時代の友人の京都府警の等々力警部(田辺誠一)に協力し、事件を追う。あまり多くは語らないが、「『若い』と『愚か』は同義語だ」などと口を開けば、名言が飛び出す由利。三津木に部屋の椅子について聞かれ、「そこには思…

この記事は有料記事です。

残り702文字(全文1089文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「欅坂46」から「櫻坂46」に 新グループ名発表

  2. 五輪招致疑惑、IOC委員側に3700万円 コンサル口座から

  3. ネグレクト、「親分の子」、そして薬物…高知東生さんが打ち明けた壮絶な生い立ち

  4. 「絶対に帰ってこられるから、頑張って」 キャンプ場で女児不明1年 母からの伝言

  5. 活火山がない近畿でなぜ? 有馬温泉で100度近い湯が湧く理由

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです