メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

夏の連ドラ記者座談会

夏の連ドラ記者座談会 第1弾 花盛り、バディーもの 闘う警護人、木村×斎藤/演技と迫力、綾野×星野

MIU404(TBS系)

 コロナ禍の影響で放送延期せざるを得なくなった連続ドラマについて、民放各局が放送を開始している。6月中下旬に始まった、民放のプライムタイム(午後7~11時)の新作ドラマ5本を対象に、記者による座談会の様子を第1弾としてお届けする。警察官や探偵などを主人公に、バディー(相棒)を組んで事件を解決する“バディーもの”が4本と多かった。各局の編成に混乱が続く関係で、夏のドラマ座談会の第2弾は状況を見ながら掲載する。

 ――最初は関西テレビ制作のフジテレビ系「探偵・由利麟太郎」。犯罪心理学者の由利(吉川晃司)と、助手の三津木(志尊淳)が難事件に挑むバディーもの。

この記事は有料記事です。

残り1716文字(全文1994文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 深刻、コロナ後遺症 倦怠感、呼吸困難…「仕事できない」 進まぬ周知 医師、診断できず

  2. サッカー 新型コロナ なでしこ唯一の海外組・熊谷、隔離免除で合宿「感謝」

  3. 愛子さまが学習院大に初登校 新入生向けガイダンスに出席

  4. 山形眼科医殺害 被告が殺意否認 地裁初公判

  5. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです